スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械加工のプロ 寸法の測定

機械加工において,部品の寸法(長さ)を測るには,
ノギスやマイクロメータを使用する。
図1に示すアナログ式(バーニヤと呼ばれる目盛のある形式)のノ
ギスでは1/20 mmの最小単位で逆援できるのが普通である。デジタル
式のノギスでは1/100 mmまで測定できるものがある
ノギスは,乱交の辺の長さや外径のほか,内径や深さも測定できる
ノギスは,測りたい寸法に対して,垂直に当てなければならない。
複雑な部品の寸法を測定する場合など,ノギスが斜めに当たっていることも少なくない。
精度の高い"はめあい"が必要な軸などを加工する場合,マイクロメー
タを使う。図7に示すマイクロメータは5/1000 mmの最小単位まで測定できる。
 構造上,ノギスよりもマイクロメータの方が正確な寸法を測定でき
る。しかし,全ての寸法をマイクロメータで測るのはとても能率が悪い
。マイクロメータは,測定をするための時間がかかるためである。マイ
クロメータの使用は最小限に押さえるのが望ましい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうい70

Author:まいうい70
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
SEOパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。