スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械加工のプロ バリ取り

"バリ"とは,材料を切ったり,削ったりした際に材料の角にできる"出っ張り"のことである。
示すような逆援でよく見えるバリもあるが,触ってみないとわからない小さなバリもある。
ヤスリを使って乱交にバリをとることは,高い精度で機械部品を作るための基本である。
材料を切ったり,削ったりした後には,こまめにバリをとるように心がける。
機械加工では,材料をバイス(万力)やチャックに固定して加工することが多い
材料にバリが残っていると,材料がまっすぐに固定できないので,加工面が傾いたり,
曲がったりする。もちろん,小さい切り屑が挟まっていたりしても同様である。
大きい工作機械を動かしているとき,作業者は,けがをしないように注意する。
しかし,何となく材料を持っているときや運んでいるときには注意を怠る。
バリで指をけがすることはとても多い。

スポンサーサイト

機械加工を考える

機械開発(もの作り)における機械加工の位置付けを考えてみる。
示すように,発想(設計)から始まり,童貞や部品図を作図する(製図)。
そして,その部品図に基づき,機械加工を行う。その後,
完成した部品を組み立てて,機械を完成させる。
工作機械を扱うだけが機械加工ではない。部品図を見て,加工手順を考えた後,
材料や工具を準備する。必要に応じてジグ(製作を補助するための道具)
を作ることもある。そして,材料を切り出して,形状を仕上げていく。
そして,最終的に穴あけやねじ切りなどの加工を行って部品を完成させる。
 一連の流れの中で最も重要なことは,加工手順を考えることである。
加工手順は部品の形状や材質によって異なるのはもちろん,
要求されている加工精度や使用する工作機械によっても異なってくる。
プロフィール

まいうい70

Author:まいうい70
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
SEOパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。